読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、ネットで注目の気になる商品を紹介!

ネットで見つけた気になる注目商品を紹介します。

85%の女性が経験するPMSって何?

「頭が痛い」「腰が痛い」「いらいらする」「落ち着かない」などの症状が、月経の3~10日前ほどから現れ、月経が始まると同時に症状が消失します。これらの症状をPMSと呼びます。

 

PMSとは、Premenstrual Syndromeの略。「月経前症候群」と言って、生理前の約2週間に起こる様々な不調のこと。生理痛がひどくて日常生活に支障をきたす「月経困難症」とは異なります。40代になると、更年期障害と、生理前の不調とが混在するので、これは更年期? それともPMS?とわからない方も多いです。

 

仕事や学業のストレスが強いほど、症状が強くなる率が高くなるとも言われています。

 

PMSの症状

 

症状としては、積極性がなくなる、イライラする、落ち込む、食欲が増す、むくむ、頭痛がするという方が多いですね。主に生理前におきて、生理が始まると消える。原因がわからないので治療をしない人も多くいます。

 

PMSは原因がはっきりしていませんが、黄体ホルモンが高くなる時期と重なるので、ホルモンの影響が考えられます。

 

PMS黄体期に起こるのですが、なぜこの期間に起こるのかというと、プロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増加して、卵胞期に増えたエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少することに理由があります。

 

エストロゲンには代謝を上げたり、お肌や髪をツヤツヤにしたり、老廃物の排出を促すなどの効果があります。一方のプロゲステロンは妊娠を維持するのに必要なのですが、水分を溜め込んだり、皮脂の分泌を促したり、食欲や眠気を高めたりします。これが身体にだるさや、肌トラブルを発生させることになります。

 

また、エストロゲンにはセロトニンの分泌を促し、プロゲステロンには抑制する働きがあります。つまり黄体期にはセロトニンが減少してしまうわけですが、それによりイライラや鬱々とした気分を引き起こします。また、血糖値を一定に保つことが出来ないために甘いモノを多く欲してしまいます。

 

PMSの詳しい情報はコチラ

 

 

 

オススメのコスメ